• 応募要項
  • 1次審査通過者
  • 最終審査結果
  • 審査委員プロフィール

審査委員プロフィール

安部 裕美
安部 裕美/HIROMI ABE 繊研新聞社
東京都出身。
筑波大学社会学類法学主専攻卒業後、繊研新聞社に入社。
編集局・大阪編集部に配属。
素材・テキスタイル担当を経て、現在、レディス服、子供服を担当する。

コメント

デザインするにあたって、様々なモノやコトからインスピレーションを受けるでしょう。
自分の中に一度落とし込んでから、どのように“自分らしく”昇華させるかを楽しみにしています。
奇をてらわず、テクニックに捉われすぎず、頑張ってください。
今井 啓子
今井 啓子/KEIKO IMAI NPO法人ユニバーサルファッション協会名誉会長
「ハイファッション」(文化出版局)の編集者を経て、高島屋商品本部でファッションコーディネーターとして活躍。
ニューヨーク大学院でウェルネス(健康学)を学んだ後、資生堂で、ザ・ギンザ取締役、企業文化部ファッションディレクター等を務める。
2001年 SUDI(湘南くらしのユニバーサルデザイン商品研究室)を設立。
2003年 「毎日ファッション大賞鯨岡阿美子賞」を受賞。
現在、タイ王国 商務省モード商品顧問を務める。
著書 「ウエルネスライフの奨め」「近代日本服飾史」「ファッションのチカラ」(ちくまプリマー新書刊)
共著 「暮らしのウエルネス事典」「実用 服飾用語辞典」「ユニバーサルファッション宣言」
「オヤノタメ商品 100兆円プラチナエイジ市場を動かした!」

コメント

色々なデザインの中で、人の体の上に直接的に表現されるファッション・デザインほど、見る側にとって、そのデザインを着る人の暮らしや思考に至るまで、バラエティー豊かなイメージの広がりを見せてくれるものはない。
従って、デザインする側は自分の描いたファッション・イメージの本質を、一瞬に、正確に理解させる必要があるはずだ。そこで、初めて、その服を着る側からのさらに新しいオリジナルな着こなしのイメージの広がりを可能にする。着る側が何のイメージの広がりをも思い描けないようなものは退屈すぎる。
児島 幹規
児島 幹規/MIKINORI KOJIMA 装苑 編集長
1968年 岐阜県生まれ。
1992年 専修大学経済学部経済学科卒業。
1992年 世界文化社入社。
2004年 『Begin』編集長に就任。
2009年 『MEN’S EX』編集長に就任。
2013年 10月1日より学校法人文化学園に入社。
同時に文化出版局 雑誌事業部 事業部長 兼 編集部部長 兼 『装苑』編集長に就任。
毎日ファッション大賞、Tokyo新人デザイナーファッション大賞、浜松シティファッションコンペ、
高校生ファッションデザインアワードほか、文化学園内のコンテスト等の審査員を務める。

コメント

選ばれるためのデザインなどいりません。難しいディテールを、無理に取り入れた服も必要もありません。
大切なのは、自分が伝えたいことに正直であることと、人の心を動かせるかどうか。
まだ見たことがない、美しくて新しい何かを期待しています。
鷺森 アグリ
鷺森 アグリ/AGURI SAGIMORI ファッションデザイナー
大阪府出身。
1985年生まれ
'08-'09A/W JFW にてデビュー、以後JFW に参加、コレクションを発表
2009年 台湾TIS、2011年韓国からの招待を受け、コレクション開催
2010年 S/Sよりパリにて展示会開始
毎日ファッション大賞新人賞・資生堂奨励賞受賞
2011年 S/S コレクション- naquid - は、モート・シナベルとのコラボレーションによる映像で発表
第40回ロッテルダム国際映画際に招待出品
女性の美しさと妖しさ、儚さと強さをコンセプトに、
日本独自の繊細な美意識と内に秘めた芯の強さを独特な世界観で表現している

コメント

アイデアでも、テクニックでも「あなたにしか出来ない事」を楽しみにしています。それが今からデザインを目指される方にとって、わたしにとっても、最も大切だと思っております。新鮮でパワフルな作品を楽しんで作ってください!
田山 淳朗
山縣良和/YOSHIKAZU YAMAGATA ファッションデザイナー
1980年 鳥取県生まれ
2005年 セントラル・セントマーティンズ美術大学ウィメンズウェア学科を卒業
ジョン・ガリアーノのデザインアシスタントを経て帰国
2007年4月 リトゥンアフターワーズ設立
2008年より東京コレクション参加
2010年 オランダアーネムモードビエンナーレにてオープニングファッションショーを開催
ファッションデザインを学ぶ場「ここのがっこう」主催
2012年 FECJ新人賞受賞

コメント

これからの「時代」を感じる事が出来る、フレッシュさを持つわくわくするような作品を期待しています。

page top